永代供養墓は、どのようにして誕生してきたの?

永代供養とは何なの?どんなメリットがあるの?

従来のお墓は、先祖代々「××家の墓」という感じで「家」が基準になって受け継がれてきました。
ですが、ライフスタイルの変遷があり、最近は核家族化・少子化が普通になっています。
お住まいの場所も転勤なども多くなって、ずっと同じエリアに留まっている比率も減少しています。
そうなると、先祖代々のお墓があっても、引き継いでいくことが困難になり、永代供養の発想がでてきます。
 
こういったお墓の問題がでてきて、注目されているのが永代供養墓です。
見た目のことから「納骨堂」と言われることもありますね。
納骨されるスタイルから「合葬墓(がっそうぼ)」と言われたりします。
申し込みをする単位の側面から見て、「夫婦墓」とか「個人墓」と区分されることもあります。
永代供養墓が人気になっているのは「管理」も「祭祀」もしていただけることでしょう。
 
永代供養墓とは?
 
法律上で、はっきり決まった定義は、まだ整理されていません。永代供養墓と呼ばれるのは、次の条件がある場合のようです。
 
・生きている期間に申し込みが可能
・跡継ぎがいるかいないに関係なく申し込みが可能
・管理と供養(祭祀)が永続的に受けることが可能
 
永代供養は、毎年ニーズが拡大しており、古いタイプのお墓ではライフスタイルにマッチしない層の受け皿になっています。
お子さまがいない夫婦や結婚しない独身者だけではありません。お子さまやご家族がいても次のような理由で永代供養を選択するケースも多いです。
 
・お子さまが遠くで暮らしているから、「守っていく」タイプでない墓を希望する
・お子さまが女性の場合に、結婚したあとお墓の件で面倒をかけたくない
 
それぞれの事情や価値観の違い、ライフスタイルの違いによって永代供養をチョイスするのです。
では、永代供養には、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?
 
永代供養のメリット
 
・屋内に永代供養墓がある場合は、掃除の手間もありませんし、雨風や暑さ寒さの心配がありません
・お寺に併設されていることも多いから、交通の便も比較的良い
・トータル費用を払い込むことで、寄付金・管理費・お布施など追加は不要です
・墓石代金などが不要になりますのでリーズナブルなコスト
・供養と管理は永代に渡ってしてくれますから、ご家族が管理する必要がなくなります
 
永代供養のデメリット
・最初は個別であっても13回忌や33回忌をしたあとに合祀(ごうし)されるシステムのところもあります
・別途、年間の管理費用が必要になるケースもあります
・線香を焚いたり、お水をかけたりすることが不可な納骨堂もあります
・合祀墓のケースは、一度遺骨を納骨したら、他人の遺骨と一緒になりますから、後日取り出したりできない